楽しくてつい飲みすぎてしまったあとの二日酔い。

ひどい吐き気や頭痛、だるさに襲われた時には「もうお酒はこりごりだ!」と誰しも思いますよね。

それでも喉元過ぎれば熱さを忘れて、またつい飲みすぎては後悔の繰り返し・・・という方も多いでしょう。

そんな二日酔いに効果抜群と話題のオルニチン。

オルニチンは私たちの肝臓には欠かせないアミノ酸の一種で、肝臓でのアルコール分解を助けてくれる頼もしい物質です。

うっかり飲みすぎて後悔せずとも、このオルニチンが翌日の二日酔いに大いなる力をみせてくれます!

今回は二日酔いとオルニチンの関係について紹介していきましょう。

二日酔いのメカニズム

なぜ、お酒を飲みすぎると二日酔いになるのでしょうか?

お酒を飲んあと、その主成分であるアルコールが肝臓で分解されることはよく知られています。


出典:肝臓の役割と肝臓の病気 大塚製薬

アルコールは肝臓で最終的には水と二酸化炭素まで分解されますが、その分解途中で有毒なアセトアルデヒドという物質がでてくるのです。

このアセトアルデヒドが二日酔いの原因です。

私たちの肝臓では一度にアルコールを分解する量には限度があります。

そのため血中のアセトアルデヒドの濃度が高くなってしまうと、

  • 頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 喉の渇き
  • 体の震え

といったいわゆる二日酔いの諸症状を引き起こしてしまいます。

また二日酔い特有の「体のだるさ」は主に体の中の糖分が少なくなっている状態(低血糖)によるものです。

肝臓にはアルコールを分解するほかに、糖分を貯蔵し、必要に応じてそれを体へ送り込む働きも持っています。

しかし大量のアルコールを摂取してしまうと、肝臓はアルコールの分解で疲労してしまい、糖分の補給がうまくいかなくなってしまいます。

それが体のだるさへとつながっていくのです。

オルニチンって何?

私たちの体は食べ物から得たたんぱく質をアミノ酸に分解し、それをまた再合成して体をつくりあげる働きがあります。

オルニチンはそれらのアミノ酸とは異なり、タンパク質の材料とはならずに血液の中にそのまま存在し、体内を循環していく「遊離アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸の一種です。

食べ物ではシジミになどに多く含まれていますが、腸で吸収されたオルニチンは肝臓に運ばれ、肝臓でのオルニチンサイクル(尿素回路)で大いに活躍します。

オルニチンサイクルとは

食べ物などを体の中で分解していくと腸管内でアンモニアという物質が発生します。

このアンモニアは有害なため、速やかに肝臓に運ばれ肝臓の細胞内のミトコンドリアで尿素やグルタミン酸、グルタミンなどに変換され無害化されます。

この肝臓でのアンモニアの分解はオルニチンサイクル(尿素回路)と呼ばれます。


出典:オルニチン研究会より

オルニチンはこのオルニチンサイクルを活発にし、アンモニアの解毒を速やかに行うことで、肝臓の機能を正常に保つ作用があります。

オルニチンが二日酔いに効果がある理由とは

オルニチンそのものが肝臓でのアルコール分解に直接作用することはありません。

しかしオルニチンサイクルを活発化し、肝臓全体の機能を促進することで、アルコールの分解を速やかに行うことができます。

これによって血中アセトアルデヒドの濃度を抑え、あの不快な二日酔いの症状を緩和していくのです。

また同時に肝臓での糖の代謝も促すことで、アルコールによる疲労も解消することができます。


出典:協和発酵バイオ オルニチン

まとめ

このようにオルニチンはつらい二日酔いのさまざま症状を抑制する効果が期待できます。

「今日はちょっと飲みすぎたな・・・」と思ったら、すぐにオルニチンを摂取すれば、翌日はスッキリ!

忘年会や新年会、歓送迎会などさまざまなシーンでお酒は切っても切れないもの。

オルニチンはそんな楽しいお酒の時間をサポートする強い味方なのです!